日中学院

日中学院 公式サイト

中国語を基礎から学び深く知りたいなら日中学院へ!

  • オールラウンドの中国語力が身につく!
  • 70以上の講座から自由に選べるカリキュラム
  • メールを使った通信講座は忙しい人にピッタリ
  • 公式サイトはこちら
授業タイプ 学校の場所、
エリア
レッスン費用
企業向けコース 後楽園
体験コース内容 レッスン時間 定休日
土日祝 10:00~12:00/13:30~15:30

キャンペーン・特典

【体験入学で中国のあらましや発音を学ぼう!】
日中学院では、体験入学として全日制の本科と講座選択制の別科のいづれかにおいて、無料公開講座を実施しています。本科は専門課程の本科入学希望者を対象としており、別科はこれから中国語を習い始めようとしている方が対象です。

日中学院の特徴

中国語のスペシャリストを育成する専門プログラム
1951年創立した日本における中国語教室発祥の地とも言える日中学院では、中国語の基礎からスペシャリストの育成まで多岐にわたるプログラムを実施しています。特に、全日制の中国語本科では二年生の中国語専門課程で、中国語を本格的に学ぶことによって集中的にマスターすることが可能となるクラスです。2年間で話す・聞くを中心にオールラウンドな中国語の能力を育成していきます。2年次では中国へ短期留学することが必須であり、カリキュラムの中には社会や書道、太極拳までも盛り込まれています。
高校や大学で1年すでに学習済みの場合でも1年生既習者クラスへ編入が可能で、本科を2年修了すれば専門士の資格を取得することができます。この専門士とは、短大や高専で得られる準学士と同等の資格で、履修後は大学2年または3年次へ編入が可能です。日中学院には指定校推薦制度があるため、卒業後は直接、指定大学の3年次に編入が可能となっています。
幅広い選択肢から選ぶことのできる多彩な講座内容
日本最大の中国語学校である日中学院では、70以上もの多彩な講座内容から週に1回~3回程度、学校または仕事の合間に通うことのできる別科を用意しています。この別科は、大きく分けると昼間講座と夜間講座、通訳などの特別講座に分かれています。
例えば昼間講座では週2回の早朝講座や基礎講座があり早朝講座では入学金1万円、授業料32,000円、基礎講座では入学金1万円、授業料は64,000円となっています。夜間講座には週1回~3回まで選べる基礎課程があり、それぞれ発音や基礎文型、話す・聞くといった中国語の運用力に重点をおいています。週1回コースでは入学金1万円に授業料が37,100円、週2回コースでは入学金1万円と授業料が64,000円かかります。週3回コースとなると入学金1万円に授業料が72,600円かかりますが、これらを修了するとさらに応用過程、研究過程と次のステップへ進むことができるカリキュラムとなっています。

日中学院のクチコミ

  • 人物影
  • 評価:★★★★★5.0

    男性 草野助さん

    本科の専門課程で2年学びました。やはり中国語を本格的かつ体系的に学ぶのであれば、老舗教室の日中学院が一番です。カリキュラムがしっかりとしていますし、卒業後は大学編入もでき進学もスムーズです。今は大学で中国文学についても勉強していますが、これまでの知識がとても役立っています。

  • 人物影
  • 評価:★★★★☆4.0

    女性 ヒミコさん

    趣味で始めた中国語会話ですが、やっているうちにどんどんおもしろくなってきて、前のスクールでは物足りなくなってこちらに移ってきました。ここは本格的に学びたい人が集まっていて、授業レベルも高くとても勉強になります!

  • 人物影
  • 評価:★★★★★5.0

    男性 鮎太さん

    1年間語学学校で中国語を学んでいたのですが、2年から日中学院の2年次に編入できました。2年生では中国へ短期ですが留学を経験し、これまで勉強してきたことがさらに理解が深まった気がします。修了後は中国へ渡ってさらに文化や語学についても勉強していきたいと思っています。

  • 人物影
  • 評価:★★★★☆4.0

    女性 Mさん

    結構ガッツリと勉強したい人しか入れないのかな?って思ったけど、フツーに中国語会話で通ってる人もいるんですね(笑)発音の基礎から教えてくれてわかりやすいし、1年でどこまで話せるようになるか今から楽しみ♪

  • 人物影
  • 評価:★★★★☆4.0

    男性 MASAさん

    高校で学んだ中国語がとてもおもしろくて、ここの本科へ転入してきました!ここは専門的な学習内容で実践的な力が身につくので、進学や就職にも有利だと思います。実際に、ここを卒業後進学して世の中で活躍している先輩たちが数多くいるので、自分も同じように夢を叶えたいと思っています!

  • 公式サイトはこちら

TOPへ戻る

TOPへ戻る