通学型、中国語教室の特徴

メリット
・専用テキストがある
・領収書が発行できる
デメリット
・学習法が教科書よりの文法中心
・実際に使える会話が少ない
・通学の手間や、時間が指定できない
・授業料が高い

特徴:

中国語教室の場合は資格勉強などに適していますが、会話中心で習いたい方にはおすすめできません。カフェレッスンよりちゃんとした講師が所属していますので、先生選びは基本学校任せになります。学校ごとの面接を通過した講師が常駐しています。授業は学校専用の教科書に沿って、講師が教えくれます。ピンインから文法、単語、会話など、均等に勉強していきますので、生徒にとって使える言葉も使えない言葉も同じ時間を使って教えます。実用性と授業の自由度が低いです。授業時間は50分制が多いので、教科書の話が終わってからいろいろ質問したくても、時間がないです。教科書以外の内容は基本できませんので、ビジネストークがしたくてもできません。教科書にあるビジネス用語を覚えることになりますが、使い方が分からないので、実践で使えません。とにかく教科書中心、文法中心の勉強になりますので、資格勉強の目的なら良いと思いますが、会話力をつけたいなら、企業派遣型かカフェレッスンのほうがいいでしょう。

TOPへ戻る