ビジネスマンの中国語学習法(急に中国滞在が決まった人向け)

ビジネスマンに求められる中国語能力とは

ビジネスマンにとって中国語が必要になるシーンは大きく分けて2つあります。1つは日常会話、もう1つはビジネスシーンです。駐在が決まったビジネスマンにとってはどちらも大切になってきます。現地での生活をする上で求められる中国語はある程度自然に覚えていきますが、職場では使う中国語は教科書や学校で教わることがないので、現地スタッフとのコミュニケーションも上手く取れず、業務に支障をきたす事がよくあります。多くのビジネスマンは中国派遣が決まってから学校に通い始めますが、学校で習う中国語はどうしても生活中心の言葉ばかりになってしまうため、仕事で派遣されるビジネスマンにとっては物足りません。もっと社内の会話や現地スタッフとのコミュニケーションを前提として中国語も学ぶべきです。多くの人が現地スタッフも日本語話せるから問題ないと思っていますが、現地スタッフの多くは中国で日本語を勉強して、日本の商文化を経験したことのない人たちが多いため、日本語での指示など100%分かってくれないです。中国人には中国語で指示したほうが理解しやすいのは言うまでもないでしょう。また、中国人スタッフ同士は中国語でコミュニケーションすることが多いと思いますので、彼らが仕事中にどんな会話をしているか把握したほうが、いろんなことに気づきやすいし、指示もしやすくなります。最も現地スタッフとの距離が縮まりますし、仕事がしやすくなります。

中国語は日常や仕事でよく使う言葉を中心に学ぶ

中国語をゼロからマスターするのに数年はかかると言われています。しかし、ビジネスで中国に行く場合は、使う言葉はかなり限られてきます。中国語をマスターする必要はありません、実際に多く使う中国語を中心に勉強すれば良いのです。多くの中国語教室は教科書通りの中国語を教えるため、使わない言葉も時間をかけて、勉強することとなります。短期間で中国語を勉強したい方、特に時間のないビジネスマンの方にとって、使わない中国語を勉強しても時間の無駄になってしまいます。せっかく勉強して行ったのに、ぜんぜんコミュニケーションが出来なかったら意味がありません。正しい勉強方法をマスターすれば、習得スピードも変わってきますし、現地の方ともコミュニケーションができるようになります。ここで、おすすめの勉強法として、自分が中国に行った際に、使う言葉やシーンなど一つずつ書き出して、シーンごとにまとめて、ネイティブの先生に一つずつ教えてもらう方法です。また、それらを携帯やタブレットに保存して、中国に行っても見れるようにすれば、忘れた時には相手に見せることも出来ます。ぜひ試してみてください。

ビジネスマンの中国語学習はカラオケと同じ?

多くのビジネスマンが中国語の勉強を途中で諦めてしまいます。教室など通ってまで習った中国語が実際の生活に使えないため、現地に行って、勇気出して話しても、相手に通じないことがありますので、自信がなくなってしまいます。その為、とにかく沢山中国語を話し慣れることが大事です。
日本人にとって、中国語の発音は確かに難しい部分はあります。しかし実はカラオケと同じ要領で勉強すればすぐに話せるようになります。貴方はこんな経験はありませんか?英語が全く話せないのに、英語の歌をうまく歌っている人をよく見ます。また自分が好きな歌は歌詞を見なくても暗記しています。
これは何度も歌っているうちに無意識のうちに口を歌詞を録音してくれているからです。口に録音したかのように、意味が分からなくても、ネイティブのように発音できます。中国語の勉強も同じように、ネイティブの言葉を何度も繰り返し練習すれば、口が自然に覚えてきます。頭で考えなくとも口から出てきます。前述の通り、中国語の覚える順番は話すからです。自分の口を動かして、脳じゃなく口に覚えさせることが一番大切です。

とにかく声に出して沢山話して、口に録音する

中国語の発音は日本語より種類が多いため、単にCDを聞いて暗記するだけではすぐに忘れてしまいます。なぜなら無理やり暗記しますと、実際に話したい時は頭で考えてしまうので、なかなか口に出せなくなります。この言葉でいいのかを考えているうちに、相手はどんどん喋り続けます。日本人が日本語を話す時には、誰もが考えながら話はしませんよね。そして、バイリンガルやマルチリンガルと呼ばれている人たちも頭で考えずに数カ国語を操っています。彼らの多くは、頭ではなく口で覚えているのです。とにかく声に出して沢山話して、口の筋肉に慣れさせて、録音しておくのです。頭で考えなくても、口から自然と出てくるまで繰り返して、声を出しながら練習することをお勧めします。しかも、中国人ネイティブの口調まで真似して練習したほうがいいです。教科書に付いているCDは万人受けのため、スピードが遅くなっています。そのまま覚えてしまうと、現地の人の話が早く感じてしまいます。遅いスピードで話せるようになったら、どんどんスピードアップして、ネイティブと同じスピードを目指して練習することで、現地の人の話はどんどん耳に入ってくるようになります。恥ずかしがらずに、声を出して練習してみてください。きっと結果が出てきます。

口が録音した中国語は忘れない、実践で使える

一度覚えた歌は10年経ってもまだ歌詞が歌えたりします。これと同じように、一度口に録音した中国語はなかなか忘れません。脳で覚えているではなく、口が覚えているからです。口の筋肉にその動きが記録されて、いつでも出せるようになっているからです。その原理を利用して、使う中国語をたくさん口に録音してから中国に行けば、現地の人と話す恐怖心も自然となくなります。なぜなら、相手の話に対して、頭で考えずに、口に録音した言葉が自然と出てきますので、返事ができるようになりますし、コミュニケーションが成立します。逆に頭で考えてしまうと、言葉って出てこないです。それで会話が成立しなくなって、途中で諦めてしまいます。そうするとどんどんネガティブになり、なるべく現地の人と話すことをさけるようになります。そういう壁を乗り越えられなかった人は中国に何年行っても話せないです。そんな先輩はあなたの周りにも必ずいますよね。そうならないようにするには、口で録音した言葉をどんどん実践で使うことです。間違っても話さないよりいいです。そして、実践を繰り返すことで、自分でも驚く程うまくなります。ぜひ挑戦してみてください。

中国語の一番の上達法はインプットとアウトプットの繰り返し

言葉は話せば話すほどうまくなります。最も有効な上達法はインプットとアウトプットの繰り返しです。なぜ子どものうちに外国語教育したほうがいいのか、発音が定着しやすいだけじゃないです。恥ずかしがらずにいろんなことを話したり、聞いたり、また話すという繰り返しを無意識に行っているからです。大人や周りの人たちが話している言葉を真似して、自分の言葉に変えて話す、返ってきた言葉をまた真似して、言葉として返す、まさにインプットとアウトプットの繰り返しです。そうするともちろん上達します。文法を勉強してから話す子どもはいませんよね。それと同様に中国語も他の言語もインプットとアウトプットを繰り返すことによって、どんどん上達するに違いない。実際に使うシーンの言葉をネイティブの先生と一緒にたくさん練習して、口に録音しておけば、実際の会話で緊張せずに、言葉が出てくるようになります。それを現地の人とたくさん実践して、アウトプットになって、どんどん話せるようになります。話せる話すほど楽しくなりますので、言葉の勉強も楽しい気持ちで望めます。そうなると、先生がいなくてもどんどん上達します。

TOPへ戻る